手汗コラム

手汗がひどいときに受診するのは何科?手掌多汗症を病院で診てもらう

更新日:

手汗がひどく多汗症(手掌多汗症)だと考えられるときに受診するのは、基本的には皮膚科になります。

なるべく専門的にみている病院が良いと思うので、事前に連絡したり口コミなどを参考にすると良いでしょう。

近くに皮膚科がないということはあまりないかもしれませんが、他に受診できる病院等や皮膚科での治療方法など紹介したいと思います。

手汗の症状を診てもらえる病院

手汗 病院

冒頭でも紹介したように基本的には近所の皮膚科を受診してもらえれば大丈夫です。もちろん、大きい総合病院の皮膚科で受診されたほうが、皮膚科以外の要因があった場合に他の科へ移れるので都合が良いです。

皮膚科の他には、美容外科クリニック、整形外科、発汗専用外来などで診てもらえます。最近では手汗や足汗を診てもらえる病院は増えてきているのでうれしいですね。

受診するところによって治療方法も違ってきます。ここではもっとも一般的な皮膚科を例に紹介していきます。

どのような診察をする?

皮膚科では、手汗(多汗症)が遺伝によるものが原因なのか、それとも病気や他の原因である後天性のものなのかを診察していきます。

後天性の場合にはまた別の科でより詳しく診察していくことになります。手汗の原因は遺伝が原因であることがほとんどです。

皮膚科の治療方法は?

手汗の原因が遺伝性の場合、皮膚科による手汗の治療方法は主に薬物治療(処方)制汗剤を処方してもらいます。

制汗剤は、多汗症だと診断された場合に処方されますが、この制汗剤は塩化アルミニウム液が配合されたもので、手汗を止めるのに有効な成分になります。

皮膚科以外での治療方法

皮膚科以外の美容外科では、手掌多汗症の治療として、ボトックス注射を行っているところがあります。

ボトックス注射とは、手汗の原因となっている神経に注射をして原因となっている神経を麻痺させ汗を止めます。手汗はボトックス注射が有効な治療ですが、一時的な効果で費用も高額になります。

その他、美容外科では手汗を止める手術(ETS手術)も行っています。ETS手術は汗の神経を除去するもので、ボトックス注射とは違い、完全に手汗を止めることができる方法です。しかし、副作用(代償性発汗)が出て手術を後悔することが多いためお勧めはできません。

>> 手汗を完全に止めるには手術しかない?実は副作用が怖い

手汗の手術も保険適用ですが、3割負担の費用で10万ほど費用が掛かってきます。
副作用(代償性発汗)をよく理解した上で、どうしても手術を受けたい場合には、皮膚科を受信した際に相談すればETS手術可能な病院を紹介してくれるはずです。

ネット通販で買える手汗専用の制汗剤

手汗 制汗剤

 

皮膚科に行くのも手術を受けるのも抵抗があるというかた(私もそうです)は、ネット通販で手に入る手汗専用の制汗剤がおすすめです。

ネット通販で手に入る制汗剤は、市販の制汗剤では効果がなかった人が手汗がとまったとの口コミで広がっています。

 

手汗のために手術を受けて、手術による副作用を一生後悔するよりも制汗剤をまず試すほうがずっと良い方法だと思います。

根本的な対処法は手汗を止めて汗疱を予防する。

 

これから紹介する手汗専用の制汗剤「ファリネ」は、パウダータイプなので即手汗を止めることができ持続時間も長く人気の制汗剤です。

制汗剤なんだから、手汗を止める一時的な気休めだろうと思われるかもしれませんが、口コミにもあるように使っているうちに「制汗剤を使わなくても徐々に手汗が減ってくる実感」があります。

ファリネ

ファリネ
手汗 ファリネ

ファリネがお気に入りの理由は、パウダータイプなので手汗を止めるのに即効性があるからです。

手汗用の制汗剤は、ローションタイプとかジェルタイプが多いのですが、塗ってもすぐに乾かないんです。

ドライヤーで乾かせば大丈夫ですが、外出先だとなかなかそうもいきません。

 

その点、パウダータイプだとすぐに手汗もひいてサラサラになります。

手汗制汗剤でパウダータイプはファリネだけ。

見た目も普通の化粧品みたいで、持ち歩くことに抵抗もありません。

 

手汗 止め方

公式サイト:http://asklepios.co.jp/farine

 

もうひとつお気に入りの点

それは、手汗が気になったらすぐに取り出せてポンポンとパッティングするだけというお手軽さ!

また、汗が気になるところは、ワキや足、太ももなどにも使えるのも気に入っている点です。

 

制汗剤なんだから手汗を止める一時的な気休めだろうと思われるかもしれませんが、使っているうちに制汗剤を使わなくなっても手汗が減ってきます!

 

個人差はありますが、使用後1,2週間で手汗の量が減ってきたと感じるはずです。

参考:ファリネの最安値は楽天?Amazon?一番安く購入する方法について

 

サラサラの持続力が他の制汗剤とはちがいます。

 

まとめ

特に女性の場合、手汗や足汗で病院を受診するのは少し勇気がいることだと思います。手術となったら余計に勇気がいりますし、副作用もありさらに費用も高額です。

ネット通販の制汗剤であれば、誰にも知られることなく自宅で購入でき手汗対策できるので一番おすすめです。さらに現在のネット通販で購入できる制汗剤は、とても効果が高く市販の薬や病院で処方される薬よりも手汗を止める効果が高かったという口コミが多くあります。

皮膚科を受診してからでも遅くありません。一度通販の制汗剤もお試しください。

>>ランキング1位の手汗を止める専用制汗剤を見る

-手汗コラム
-, , , ,

Copyright© 手汗の止め方!人気の制汗剤ランキング今すぐ解決【手汗対策ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.